老舗通販.netは、100年以上続く老舗のお歳暮・お中元・手土産をお取り寄せできる通販サイトです。

伝統のよいものを現代へ 100年以上続く老舗の伝統の技とこころ そのこだわりをお届けいたします。

カートの中には何もありません。

小計: ¥0

ビジネス手土産

ビジネス手土産

クライアントへのご挨拶やお詫び、開店・開業・移転・上場のお祝いに好適なビジネス手土産を集めました!ビジネスを円滑にするツールとして是非ご活用ください。また、ビジネス手土産のマナーも合わせてご紹介。参考にしてみて下さい!

ビジネスシーンにオススメの手土産イメージ

自宅や会社付近にある名物店などのお菓子を贈ると自己紹介のツールになります。
季節感のある季節限定の食べ物や、出張先に関連する食べ物をお渡しするのも喜ばれるでしょう。

最初は相手の負担にならない1,000円程度の気軽なものにして、相手の好みを探ると良いでしょう。

ビジネスシーンにオススメの手土産イメージ

相手の好みを察して喜んでもらえる物を吟味して持参しましょう。約束の時間帯も考慮し、昼時、夕方、出張前など、相手の状況や体調に合わせたものを選ぶと喜ばれます。
「本日はありがとうございました」「美味しいものを見つけました!」など、手紙やカードを添えてお渡しするとより一層心遣いが伝わります。
先方に余計な気を遣わせないよう、帰り際にお渡しするのが良いとされています。

ビジネスシーンにオススメの手土産イメージ

お店や会社で使う調度品、消耗品などが喜ばれます。
起業にあたっては、励ましのエールを送ると同時に、事業に役立つお祝いを贈りたいものです。

開店や開業のお祝いは、店やオフィスで使う調度品、お酒、お菓子等の消耗品が喜ばれます。「大入り」と書かれたアイテムや、招き猫、七福神の置物などの縁起物や、お花などもよく贈られています。

また、現金を贈ることもあります。開店・開業のお祝いに限っては、目上の人に現金を包む事は失礼にあたらないと言われています。お祝い金の相場は、10,000円が一般的です。

お祝いの品・現金には、【御祝】・【祝開業】・【祝御開店】・【寿】という表書きや熨斗をつけます。【花輪料】・【生花料】は、現金の時に用いましょう。

「火」や「倒れる」など、意味に関連する贈り物は避けるのが正解です。

ビジネスシーンにオススメの手土産イメージ

出来るだけ早いタイミングで、誠心誠意お詫びをしましょう。最初のに手土産をお渡しすると、「物でごまかすのか!」と思われてしまい、逆効果です。時期を見計らってお渡しするようにしましょう。

派手なパッケージの洋菓子よりも、色やカタチが控えめな和菓子をお贈りするのがオススメです。高級感のある値の張るものを選ぶのが無難。口頭で謝るだけでなく、お詫びの気持ちを込めた手紙を手土産に添えましょう。

謝罪時には、相手に手土産が見えないように、風呂敷に包んでバッグに入れておくのが作法です。

グリッド  リスト 

ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

グリッド  リスト 

ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Close