1680年(延宝8年)より飛騨萩原にて連綿として受け継がれてきた蔵元「天領酒造」。飛騨の自然と人情を愛した日野屋佐兵衛の心意気を現代八代目当主まで脈々と受け継ぎ、飛騨の自然の恵みで育った酒造好適米「ひだほまれ」と、清冽な飛騨の地下水(軟水)を用い醸す、飛騨の酒「天領」をお届けいたします。

カートの中には何もありません。

小計: ¥0

ごあいさつ

天領の歴史

近江日野(現在の滋賀県日野市)上野田(コウズケダ)にて家を興す。
蒲生氏郷公の家臣として近江地方で地盤を築き、
日野屋佐兵衛と称し江戸時代の初め頃(1680年と伝えられています)から
江州日野から本州一円を巡って行商をしていました。

その後、飛騨に商いのため出店を構え、
飛騨の人情の細やかさ、自然の美しさ、風俗の麗しさに魅かれて、
この地に住み着き、物品販売のかたわら日本酒造りを行いはじめました。

明治時代になって酒造業を家業として行うようになり、
昭和31年「天領酒造株式会社」として法人化し現在に至っています。

飛騨の自然 を愛し、人情を愛した日野屋佐兵衛の心意気を
現代八代目まで脈々と受け継ぎ、
飛騨の自然の恵みで育った酒造好適米「ひだほまれ」、
飛騨山脈からの地下水をもちい、
自家精米にこだわり、
飛騨の酒を造る天領へと成長を続けています。

Close