享保元年(1716年)京の地にのれんをかかげることとなり以来、京都御所と寺社仏閣、茶道お家元のご用命だけを務めて参りました。常に最上のものを求められるお客様の声にお答えしながら、有職菓子司として豊かな京都の四季を味わえる和菓子作りを研鑚して参ります。

カートの中には何もありません。

小計: ¥0

RSSフィード

利用可能なフィード
新着商品 フィードを取得
特価商品 フィードを取得
新着情報 フィードを取得
Close