日本橋のたもとにのれんを掲げて300年、漆器の老舗 黒江屋の公認通販サイトです。黒江屋は元禄二年(1689年)創業、日本古来の漆工芸の精緻を守り続けています。記念日やお祝い、大切な方への贈り物に。

カートの中には何もありません。

小計: ¥0

 日本橋のたもとに、のれんを揚げて三百年、漆器の黒江屋は日本古来からの漆工芸の精緻を今だに守り続けております。

 当店の歴史は、元禄二年(1689年)、漆器の名産地、紀伊国名草郡黒江村(現在の海南市)から江戸へ出てきた人物(姓名不詳)が、日本橋本町四丁目に漆器店をおこしたことに始まるといわれております。
 話が前後しますが、この黒江村でどうして漆器が盛んになったかといえば、織田信長の名が出てまいります。

 紀ノ川の上流にあった根来寺の僧侶が信長に反逆。これを怒った信長は秀吉に命じて、根来寺に焼討ちをかけました。寺に漆器作りの得意な僧侶がいて、うるしの壺をかかえて、下流の黒江村へ。これがきっかけとなり、黒江村に漆器づくりがひろまったといわれています。

 さて、江戸に出てきた黒江屋ですが、安永三年(1774年)、呉服小間物屋などを中心に手広く商いをしていた柏屋(現在の柏原家)に経営権が移り、 安政三年(1856年)には店を本町から現在地に移して、今日に及んでいます。 黒江屋の商標に"柏"がついているのも、ここに由来しているからです。

 黒江屋は江戸から明治と繁昌し、明治二十三年版の商人名家集「東京買物独案内」に出ています。
 化学塗料が主流となりつつある今日ですが、うるしほど優秀な塗料は他にない。三年、五年と年数がたてばたつほど、本塗のよさ、味わいが出てくる・・・・ この変わらぬ信念のもと、黒江屋では、お椀、木杯、茶托、重箱などに、格調高い漆器をお客様にお届けしております。

Close