伊場仙は、天正18(1590年)年創業、扇子とうちわの老舗です。江戸幕府の御用を承り、また版元として、世界の美術館に残る多くの浮世絵を出版しました。夏のギフトやお祝いの贈り物、東京土産に。

カートの中には何もありません。

小計: ¥0

伊場仙 江戸うちわ 豊国木版江戸団扇(縦37cm 横30cm)/TEU-3:弥生

もっと見る

伊場仙 江戸うちわ 豊国木版江戸団扇(縦37cm 横30cm)/TEU-3:弥生

¥5,500

江戸団扇絵「今様十二ヶ月」は、文政5年(1822年)歌川派の流れを汲んだ名匠・初代豊国筆により、版元伊場仙が多色摺り団扇絵(うちわえ)として制作したものです。


この唯一現存する版木をもとに、版元伊場仙が印刷、制作したものが今回の初代豊国「今様十二ヶ月」のシリーズとなっております。


「弥生の図」は、桜を取り入れた当時の最新ファッションのもので うちわの両面に描かれています。 

在庫状況: 在庫あり

詳細

・サイズ:縦37cm 横30cm

・素材:和紙 竹

・備考:化粧箱入りでギフトプレゼントとして、おすすめです。

伊場仙 江戸うちわ 豊国木版江戸団扇(縦37cm 横30cm)/TEU-3:弥生

JPY

¥5,500

0

Close