伊場仙は、天正18(1590年)年創業、扇子とうちわの老舗です。江戸幕府の御用を承り、また版元として、世界の美術館に残る多くの浮世絵を出版しました。夏のギフトやお祝いの贈り物、東京土産に。

カートの中には何もありません。

小計: ¥0

【在庫確認中】伊場仙 江戸うちわ 浮世絵江戸団扇 (縦37cm 横30cm) 「音曲町繁花の商人」 /広重

もっと見る

【在庫確認中】伊場仙 江戸うちわ 浮世絵江戸団扇 (縦37cm 横30cm) 「音曲町繁花の商人」 /広重

¥6,600

浮世絵江戸団扇絵(錦絵・大和型)は、歌川派の流れを汲んだ名匠・広重,国芳筆により、版元伊場仙が多色摺り団扇絵(うちわえ)として制作したものです。


この唯一現存する版木画をもとに、今回、伊場仙が印刷、制作いたしました。


伊場仙版 木版画 広重画「音曲町繁花の商人」


さまざまな歌舞伎舞踊の登場人物たちが露天商や客として描かれた戯画左上の笠と杖を売るのは「道成寺」の白拍子花子、清姫の化身。 客は道成寺の所家である。下の雀焼きの屋台客と客は「吉原雀」で放生会用の雀を売っている夫婦。右下の塩煎餅売りは「汐汲」の松風。

在庫状況: 在庫切れ

詳細

・サイズ:縦37cm 横30cm

・素材:和紙 竹

化粧箱入りでギフトプレゼントとしてオススメです。

【在庫確認中】伊場仙 江戸うちわ 浮世絵江戸団扇 (縦37cm 横30cm) 「音曲町繁花の商人」 /広重

JPY

¥6,600

0

Close