そろそろ、浴衣の反物が売れ始める時期となりました。
お仕立てをご希望される方は、この時期にオーダーをしておくことを強くお勧めいたします。
 
もう少し後になてしまいますと、ご注文が立て込み始めますので、7月のお祭りに着ていくのは難しくなって参りますのでお気をつけください。
 
先日、浅草の三社祭へ竺仙さんでお仕立ていただいた浴衣を着て出かけてまいりました。
やはり古典的な柄は目を引いたようで、お恥ずかしながら外国人の人にお写真を撮られることも。
 
様々な色や現代的な柄の浴衣も流行っているようですが、昔からの柄を守り続けている老舗の浴衣というのは、一味も二味も違うように思います。
 
三社祭
 
 
夏の装いはどこへ身につけて行っても自身が持てる、由緒ある老舗の逸品で。
 
◆老舗でそろえる夏の粋な装い特集はこちら