春、たくさんの木々が花をつけ、芽吹きをみせてくれます。落葉樹の中には、花と同時に葉が開きはじめる樹種があるのですが、クロモジもそのひとつです。萌黄色の小さな花が房状につき、林をいろどります。

日本橋さるやで作られているお菓子用の楊枝は、すべてこのクロモジから作られています。クロモジという名前は、枝が若いうちには、樹皮に黒い斑紋が出ることから黒文字とよばれるようになった、という説や、小さな黒い丸い実をつけることから黒文字と呼ばれるようになった説などがあります。

クロモジはクスノキの仲間で、枝や葉を折りとってみると、とても良い香りがします。特に樹皮にはにおいのある油脂分が含まれています。この油脂には抗菌・殺菌効果があるのです。したがって、楊枝にも樹皮がついたままとなっているのは、衛生上、とても理にかなっていると思われます。

 

御菓子箸 432円

御菓子箸 432円

詳細をお店で見る

御菓子箸は、亭主が客人の分のお菓子をとり分けるために使われるものです。黒文字の御菓子箸は、細くても弾力性に富んでおり、とてもしなやかな使い心地です。

 

お菓子楊枝 10.5cm 1,188 円

お菓子楊枝 10.5cm 1,188 円

詳細をお店で見る

大好きな羊羹に、黒文字の楊枝をすっと縦に入れて、切り取った一片をいただく瞬間は素敵なものです。お菓子楊枝の薄く尖らせた部分が、和菓子をひと口分切り取るのに長すぎず、短すぎず、厚すぎず、薄すぎず、何ともちょうどよくて気持ちがよくなります。丁寧につくられた和菓子であっても、外見の美しさを損なうことなく、楊枝を入れることができ、風味が損なわれることもありません。これが金属製のナイフでは、やはり興ざめしてしまいます。さるやの楊枝は、職人が1本1本、手で削ったもの。手にしっくりくるのもうなずけます。

 

包装お菓子楊枝 432 円

包装お菓子楊枝 432 円

詳細をお店で見る

お菓子楊枝を個別に包んだものもあります。大切なお客様がいらしても、安心してお出しすることができますね。

300年の歴史を持つ、日本唯一の楊枝専門店、さるやのお菓子楊枝。普段使いに、おもてなしに、御茶席に、お手元にあると重宝すること間違いありません。お茶と御茶菓子の名脇役たるさるやのお菓子楊枝、是非一度、お求めください。