亀戸船橋屋は、文化2(1805)年創業、元祖くず餅で知られる江戸の老舗です。当サイトでもくず餅の取り扱いがございますので、そちらをご紹介しようかなとも思ったのですが、肌寒い季節。寒い時期に体に優しい、他のお品物はないかしら、とちょっぴり考えたのですが、ありました!美味しく、そしてとても珍しいお品物です。

それは、こちら。


しらつゆ6個入 	3,369円

しらつゆ6個入 3,369 円

詳細をお店で見る

しらつゆ?と思われる方もいらっしゃるでしょう。中身のイメージ画像は、こんな感じです。


しらつゆ

そう、こちらはぜんざい。それも、白あずきというごく貴重なあずきを使用し、原材料は白小豆、白いんげん豆、砂糖、澱粉のみを使った、とてもシンプルながら味わい深いお品物なんです。

「しらつゆ」の原材料である白あずきは、過去から現在に至るまで、こだわりのある和菓子屋の他ではあまり知られないために、古くからごく限られた生産量で、ひっそりと販売されて来ました。
「あれ、白餡を使っているものは、この白あずきではないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それらはだいたい「手亡」という、白いんげん豆から作られた白餡で、なかなか白あずきを使った白餡の和菓子というものは見られないのが現状です。
さらには、あずき自体、天候の影響を受けやすいため、収穫量の変動もはげしく、あずき相場は投資の対象とされているほど。普通の赤いあずきですら、「赤いダイヤ」と呼ばれることもありますから、こちらはまさしく「白いダイヤ」といってもおかしくないあずきです。
そのように希少な小豆ゆえに、今もなお「幻のあずき」として多くの美食家を虜にしている白あずき。白あずきは、淡い黄色味をおびた白色をしておりますが、あずき独特の風味はしっかりと保っています。

その、あずき独特の香り豊かな風味上品な甘みがある上で、さらに皮が柔らかく口当たりのいい食感をいかしたこちらのぜんざいは、本当になかなかお目にかかることのないお品物です。

ご自宅にも、そして美食家の方への贈り物としてもお勧めできる、ちょっと特別な、お勧めのお品物です♪