本格的に寒さがやってきたこの時期、もう普段のお飲み物は、温かいものを召し上がっているのではないでしょうか。私も、温かい日本茶かハーブティをいつもかたわらに置いています。
帰り際など、最近ではカフェも乱立の様相を見せていて、コーヒーに砂糖も生クリームもたっぷりな、あまーいお飲み物にも心惹かれます。

でもちょっと、ストップ!
もちろん適度な回数だったらいいけれど、毎日毎回甘い飲み物を飲んでいると、案外カロリーがすごいことになりませんか?お財布にも、厳しかったりしませんか?過剰なカフェイン摂取で、胃に負担をかけていませんか?

帰りのカフェに寄るのをちょっと我慢し、おうちで、口にも、そして体にも美味しい、日本ならではのお飲み物をお召し上がりになりませんか?

というわけで、今回ご紹介するのは、こちらのお品物。


明神甘酒(箱大)-5袋入り 4,410 円

明神甘酒(箱大)-5袋入り 4,410 円

詳細をお店で見る

5袋入りで4,410円!? ぜんぜん、安くないじゃない!という声が聞こえてきそうですけれども、実はコチラ、1パックが約5杯入り。ですから25杯分あることになります。単純計算で4,410÷25=176,4ですから、四捨五入して一杯ぶん176円。とってもリーズナブルなお値段です。

そして、甘酒の主な成分はブドウ糖で他にビタミンB1、B2、B6、アミノ酸にパントテン酸など、人間に必要なほぼ全ての栄養が入っていると言っても良いほど、多くの栄養素が含まれており、甘酒から摂った場合、これらの栄養素の吸収率は90%ととっても優秀です。又、これらの成分は、「点滴」と同じなんですね。そう、疲れて倒れたときなどに打たれるとなんだかふわっと元気が出る、あの「点滴」です。そんなことから、甘酒は「飲む点滴」とも言われています。「体にも美味しい」と書いたのは、こちらが理由。味ももちろん美味しく、甘いけれど後味を引かずにスッキリと召し上がっていただけます。

100年以上前から現在まで使用され続けている糀室で、丁寧に作られている老舗の甘酒の味を、どうぞご堪能ください。