こんにちは!老舗通販.net編集部です。

ここ数年、日本文化が若い人々の間で見直されているような流れを感じているのは私だけではないと思います。

邪道とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、例えば夏のお祭りのミニ丈の浴衣。ガングロ(そろそろ死語かも...)やアゲハ系の女の子たちが、派手に可愛らしく着こなす姿は、なんだかとっても面白い光景です。
また、骨董市などに出かけても、年配の方に混ざりながら、案外と若い女の子が多く、昔の着物を見て「かわいい!」と、お財布と相談している姿なども見かけます。
さらには花魁の悲しくも激しい恋を描いた映画「さくらん」なども公開され、「花魁風の浴衣の着方」なんて文字が雑誌におどっていたりもしますね。

私自身は伝統的な、紺地に赤い花なんて浴衣が大好きですが、きっとそれだけでは浴衣は衰退していったことでしょう。ミニ丈の浴衣、または花魁風に襟ぐりを色っぽく開けた艶やかな浴衣、それを楽しく受け入れる若い女の子たち、新しい日本文化の登場ですね。

また、可愛らしい・派手・艶やかな「手拭」たちの再登場。私が幼いころには「手拭」なんておばあちゃんしか使っていないもので、一時は絶滅しかけたのではないでしょうか。それが今や、お土産屋さんならどこでも「手拭」を見かけるという復興ぶりです。

そんな中、当サイトでとってもかっこいい手拭を発見してしまいました。

宮本卯之助商店 オリジナル手拭 神輿・太鼓 1,260円
宮本卯之助商店 オリジナル手拭 神輿・太鼓 1,260円

宮本卯之助商店 オリジナル手拭 神輿・太鼓 1,260円

詳細をお店で見る

昭和初期の宮本のカタログの神輿と太鼓の版画を、そのまま黒字に白抜きで手拭いにしたというお品物です。

ご自分用に、ハンカチ代わりなどの日常使いにはもちろんですけれど、ギャル系の女の子から、ゴシックな格好が好きな女の子、和が好きな外国の方、剣道をされているかたや、ヘルメットを付ける職業の方へのプレゼントとして、これ以上ぴったりなお品物はない!と言いきれてしまう、とっても素敵なお品物です。

もちろん、若い人向けだけではなく、伝統ある宮本卯之助商店のお品物ですから、ご近所へのご挨拶、ご年配の方へのちょっとしたプレゼントにもお喜びいただけるでしょう。

まさに年齢・性別・好みを問わない、オールマイティに使っていただける粋なお品物。ぜひ、お買い求めくださいませ。