こんにちは!老舗通販.net編集部です。

今回は手土産に関する興味深い記事を発見しましたので、要約してご紹介します

 

◆一流の人たちの接待術

一流の人たちの接待は6時きっかりに始まり、9時には終わると言います。

そして二次会には行きません。

なぜなら、出世する人は朝が早いから。12時には寝て3〜4時に起きるそうです。
仕事やジム、朝風呂で完全にスタンバイをしてから、始業時間の1時間前には出社します。

接待の翌日は、出世するから人は100%朝7時にはお礼メールがくるそうです。

役員クラスの人では、帰りの車の中からお礼メールを送るひとも。

お礼メールは感動が冷めやらぬうちに送るからこそ意味があるもの。

しかし、『美味しかったです。ありがとうございました。』では、二流どまりです。

一流を目指す方は、『時季のサンマはとても美味しい』など、印象深かったことを必ず記しましょう。

『季節を味わい、感謝を記す』こういったやり取りが、日本の深い接待文化とも言えるでしょう。

また、一流の人は接待される側が全員手土産を持っていきます。

ただ「つまらないものですが...」と渡すのではなく、「○年続いている老舗の」「〇〇で評判の」と蘊蓄が言えるもの

近くのお店でお店ですぐに手に入るものではないそうです。

こういう文化を自ら率先して継承し、若い人たちにも伝えていくことが出来る大人が、周囲から一目置かれる本当の一流と呼ばれる人と言えるでしょう。

一流な大人の粋なお持たせは、老舗通販.netで。

↓↓接待に活用できる手土産はコチラでご紹介しております↓↓
◆◆ 一流の人が利用する手土産 ◆◆