伝統の老舗でお話を伺うと、共通で感じることがあります。
1つは、頑なに守り続けてきた価値や考え方をもっているということ。
もう1つは相反することのようですが、時代に合わせて変化して来ていることです。
真逆にも見えるような2つの種類の努力をうまくバランスをとりながら企業を永続させてきている老舗から学べるものはとても多いように思います。

◆文化2年創業 船橋屋


今回はくず餅を200年以上追及してきている『船橋屋』代表の渡辺雅司さんにお話をおうかがいしました。

photo02.jpg

◆変わらない価値 くず餅


kuzumochi.jpg