笹屋伊織は、享保元年(1716年)に京の地にのれんをかかげることとなり以来、京都御所と寺社仏閣、茶道お家元のご用命だけを務めてきた、和菓子を中心に取り扱うお店です。今のところ、東京に本店があるお店がある老舗を取り扱いさせていただいていることの多い老舗.netではまだ珍しい、京都の老舗でございます。

「和菓子」のお店であり、「お手作り最中」などの定番のお品物もございますが、本日は、「季節の和菓子」、この季節しか手に入れることのできない、


さつまいも(5個入) 788 円

さつまいも(5個入) 788 円

詳細をお店で見る


すいーとぽてと (6個入) 	1,365 円

すいーとぽてと (6個入) 1,365 円

詳細をお店で見る

をご紹介させていただきます。季節限定ものに弱い私です...。

「さつまいも」は、サイズは小さめですが、見た目はまるで、こんがり焼きあがった本物の焼き芋のようです。
笹屋伊織さんからの紹介でも、「ふっくらとした形にニッキをかけて、やきいもをイメージしました」とあります。さて、このニッキとはなんでしょうか。和菓子好きの方ならご存知だと思いますが、ニッキ飴や、京都名物「八つ橋」などにふんだんに使われている、あの、ピリリとした香辛料、洋名はシナモンです。
袋をあけるとふわっとニッキの独特の香りがします。甘いだけのお菓子をイメージされて召し上がると、ちょっとびっくりされるかもしれませんが、さつまいものお味とシナモンのあの独特の味があいまって、とても美味しく仕上がっているお菓子です。

「すいーとぽてと」は、見た目はマフィンのようでが、こちらもしっかり・しっとりとお芋がたっぷりと使われています。また、そこに点々と入っているあずきがアクセントになり、口の中いっぱいに「冬」の美味しさが広がるお品物です。あずきとさつまいも、これぞ冬、これぞ日本という感じですけれども、緑茶とも紅茶とも合う、和と洋の美味しいところ取りをしているともいえるお菓子です。

どちらもとってもオススメ、しかも季節限定のお品物ですので、気になられましたら、ぜひお早目のご注文をお勧めいたします♪